HOME>事業案内>CSR活動

令和4年度 絆をつなぐ「カンナ」の花

◆ 今年も植えました!絆をつなぐ「カンナ」

2022年5月24日、今年も会社敷地内に「カンナ」の球根を植えました。2020年から行っている"絆をつなぐカンナ"の植栽。今年で3度目になります。
広島に投下された原爆の焼野原の跡に、被爆後わずか10日間で力強く咲いた「カンナ」は「人権と平和のカンナ」と呼ばれ、全国各地で植える活動が広がっています。
kannar3-01.jpg
今年も、「祥雲高等学院/明蓬館SNEC長野」の生徒さんたちと一緒に植栽する活動を行いました。「平和と人権のカンナ」という呼び名がありますので、SDGsのターゲットに沿った活動を目指して、地域の皆さんたちと、楽しく植栽したい!という思いから、祥雲高等学院さんにお声掛けしています。
当日は17名の生徒さんや先生方にお越しいただき、約150球の球根を大勢でワイワイと植えることが出来ました。球根は顔くらいの大きさに成長したものもあり、それが入るくらいの穴を掘るのに一苦労。社員と生徒さんで協力して掘る光景も見受けられました。

kannar3-02.jpg

kannar3-04.jpg

kannar3-06.jpg

kannar3-03.jpg

kannar3-05.jpg

kannar3-07.jpg
カンナ植えの後に、「ティッシュボックスを作ろう!」プログラムも実施しました。あらかじめカットしてある木材を、ドライバーを使ってネジ止めをして組み立てるものです。下準備がしてあるとは言え、自分の手でネジを回すのは思ったより力が必要で、社員も木を押さえるなどお手伝いしながら一緒に組み立てました。「ここがずれちゃった!」「結構力いる~」などこちらも楽しそうに作業が進みました。
出来上がったティッシュボックスはお土産としてお持ち帰りいただきました。

kannar3-08.jpg

kannar3-10.jpg

kannar3-09.jpg

kannar3-11.jpg
作業をしながら、学校の様子や生徒さんご自身の話をお聞きしながらの楽しい時間となりました。生徒さんたちから、楽しかった、社員の皆さんが親切だったという感想をいただいております。また来年も来たいとの声もあり、とてもうれしく思います。参加した社員からは、有意義な時間だった、生徒さんから刺激を受けた、これからもこの活動を続けていこう、という声が届いています。

今回の活動は、
・「人権と平和のカンナ」を植栽する活動の取組み
・ウクライナへの軍事侵攻が続く中、世界平和への祈りをこめて
・SDGsに沿って、さまざまな方との時間を共有し、活動する
・コロナ禍で真っ赤なカンナで、地域の皆さんを勇気づけたい
という思いの元、実施しました。厳しい状況下ですが、人と人の繋がりを大切にして、今後も取り組んでまいります。祥雲高等学院の皆様、ステキな時間をありがとうございました。